短期大学
おすすめ理由

学生一人ひとりに合わせたきめの細かい教育

短期大学は学校の規模が比較的コンパクトで、「一人ひとりの学生を大切に」をモットーに、少人数教育に力を入れています。教員と学生の距離が近いことも特徴で、習熟度に合わせた指導やカリキュラム編成などにも対応し、一人ひとりの個性や能力に応じたきめ細かな教育に取り組んでいます。

また、各短期大学は、認証評価機関のチェックにより、教育の質が保たれています。卒業時に授与される「短期大学士」の学位は、国際的にも通用するものとなっています。

バランスの取れた充実した教育

2年間の充実した学び。

短期大学の卒業要件単位は2年制の場合で62単位以上ですが、国家資格・免許を取得する学生はより多くの単位を修得しています。教養教育をはじめ実験・実習・実技などの授業も多く、短い時間でバランスよく多くの実践力を学ぶことができます。さらに、就職に役立つ様々な資格取得のための授業や学習支援も充実しています。

教養教育、専門教育、職業教育を
バランスよく学習。

専門資格を生かした就職のほか、一般企業への就職、4年制大学への編入など、あなたの将来の夢を叶えることができます。短期大学では教養と専門的能力を高めた職業能力をバランスよく学ぶことができ、人間力や社会人としての基礎力を高めることができます。そのため進路の選択幅が広いことも特徴です。

在学中に留学でき、海外でも活躍できる人材へ。

在学中から留学や海外語学研修を行うなど、国際化が進む社会のニーズに合わせたカリキュラムを組んでいる短期大学が増えています。また、卒業時に授与される「短期大学士」の学位は、国際的にも認められており、卒業後、留学や海外の大学への進学、海外企業への就職を希望する際に大いに役立ちます。